傘は飛行機に持ち込める?国内航空会社を調査!注意点も解説!

旅行の計画を立てて準備をする時間は楽しいひと時ですよね。どこに行こうか、何をしようか、どんな食事、どんな人に出会えるだろうか、考えるだけでウキウキしてくるものです。
しかし、準備をしながら「旅行先の天気はどうだろう?」と気になることがあるかもしれません。
さらに「傘を持っていきたいけど、傘はどうすればいい?飛行機に持ち込めるのだろうか?」そのような疑問が浮かんでくるかもしれません。
この記事では、皆さんが不安なく旅行を楽しむことができるように、国内線飛行機への傘の持ち込みについて解説していきます。
ライトブルー色の日傘

傘は国内線の飛行機に持ち込み可能

2024年6月1日現在、国内線飛行機へ傘の持ち込みは可能になっています。国内航空会社は公式ホームページにおいて、傘の持ち込みについての情報を提供していますので、ここから詳しく説明していきます。
空港の様子

傘は身の回り品

傘は、国内航空会社によると身の回り品としての扱いになります。
身の回り品とは、日常生活の中で自身の身につけたり、手元に持っていたりする小物やアクセサリーのことです。例えばハンドバッグやカメラなどがそれにあたります。旅行中に必要な可能性のあるアイテムとして、傘は位置づけられているのです。

保安検査場での対応

傘を飛行機に持ち込む場合には、保安検査場を通過させる必要があります。
長傘の場合には、他の荷物とは別に単独でトレーに載せ、ベルトコンベアに流すようにしましょう。折り畳み傘の場合には、キャリーケースや旅行バッグ等に入れたままでベルトコンベアに流せます。ただし、X線検査が不明瞭であった場合には、バッグを開けて中の状態を確認されることがあります。 折りたたみ傘をバッグにしまう様子

傘は預け入れも可能

傘を旅行に持っていく場合、飛行機へ持ち込むだけではなく、手荷物として預けることも可能です。預ける際には、破損の可能性を考えてケースに収納したり、梱包用に資材で包んだりして、破損リスクを軽減させておくほうが賢明でしょう。大量の荷物と一緒に運ばれてくるため、他の荷物と干渉したり引っ掛かったりするからです。

傘を飛行機に持ち込む場合の注意点

国内線飛行機へ傘の持ち込みは可能ですが、実は注意しなければいけないポイントがいくつかあります。旅行当日、飛行機に乗る直前に慌てることがないように、航空会社のルールを把握しておきましょう。
飛行機内の様子

傘のサイズ

国内航空会社は、飛行機に持ち込む荷物のサイズについて指定しています。
・100席以上の座席を有する飛行機の場合は、縦×横×高さの長さの合計が115cm以内で総重量は10kg以内
・100席未満の座席を有する飛行機の場合は、縦×横×高さの長さの合計が100cm以内で総重量は10kg以内

通常の長傘であればサイズを超えることはありませんが、ゴルフ傘等の大きなサイズの場合には測定しておきましょう。

手荷物の個数

傘は身の回り品であると説明しましたが、国内航空会社は持ち込める荷物の数量について合計2個と定めています。乗客1名につき、持ち込み可能なサイズの手荷物(スーツケース、キャリーケース、カバン等)を1個と、身の回り品(傘、ハンドバッグ、カメラ等)を1個です。

旅行バッグとハンドバッグに加えて傘を持ち込もうとした場合には、数量が3個になってしまいますので、すべての持ち込みはできなくなり、1個は預ける必要がでてきます。さらに、お土産袋も1個としてカウントされますので注意しましょう。
バッグと折りたたみ傘を持つ女性

傘の先端

国内航空会社では、凶器や凶器とみなされるものは、他の乗客を怪我させる可能性があるため、飛行機内への持ち込みを禁止しています。傘も規定に該当する場合があるため、先端が金属製で鋭利な場合は注意が必要です。保安検査場で指摘を受ける可能性がありますので、先端に丸みがあるものやカバーを装着できるものを選択するようにしましょう。

傘の置き場所

飛行機の中にはいくつか荷物の置き場所があります。上の収納棚や座席前の収納ポケット、座席の下です。しかし傘は上の収納棚へは置かないようにしましょう。何らかの拍子に落下する恐れがあるため、安全かつ邪魔にならないように座席の下を推奨します。

機内NGの場合は預け入れ

上記ルールを守れない場合には、預かり荷物へ変更になる可能性があります。また、機内持ち込みサイズ以内の手荷物でも、客室内が満載で収納できない場合は、預かり荷物として貨物室に移動となる場合があります。 バッグパックと折りたたみ傘

最新情報入手のおすすめ

航空会社によっては規則を変更する可能性があります。最新かつ正確な情報は、ご利用予定の航空会社にお問い合わせください。

飛行機での旅行には傘を持って出かけよう

国内線の飛行機へ傘の持ち込みは可能です。もちろん旅行先でも購入することはできますが、せっかくですからお気に入りの傘で出かけませんか。たとえ旅行先の天気が優れなくても、お気に入りの傘があれば、気分は晴れるかもしれません。旅行先での写真撮影もお気に入りの傘ならばフォトジェニックですよ。

折り畳み傘を忍ばせるのも一つの方法です。長傘ほどかさばりませんし、飛行機への持ち込みやすさもあります。急な天気の変化にも対応しやすいのでおすすめです。

お気に入りの傘を持って素敵な旅行に出かけましょう。皆さんの旅の安全を願っています。

折りたたみ傘のサイズイメージ
槙田商店では、手元や骨の仕様によって、さまざまなサイズ感の折りたたみ傘をご用意しております。お好みのデザインやカラーから、あるいは機能面から、旅を彩るお供を見つけてみてはいかがでしょうか?

紳士用折りたたみ傘一覧はこちらから!
婦人用折りたたみ傘一覧はこちらから!

コンパクトな折りたたみ傘でおでかけを快適に!おすすめ3選も併せてご覧ください!

執筆者

Honjo

長年に渡り、卸売業や製造業の営業を担当した経歴を持つ。多くの人々とも関わり、その経験から得た綿密なリサーチ力や柔軟な提案力を活かして、読者にわかりやすく伝わる記事を執筆している。